妊娠中と同じく、「生理前」もプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになるので便秘になりやすくなり、便秘になれば便が硬くなりやすくなりますので、排便時に肛門の外壁を傷つけやすくなり、その結果、切れ痔にもなりやすくなるのです。

 

生理前は水分補給を忘れないようにして、便秘を防ぐことが、痔を予防することに繋がるのです。

 

また、生理自体によって肛門内に炎症を起こし、痔に繋がることもあり、この場合は予防することが困難になりますので、痔の症状が出た場合には、自己判断で治療するよりも、肛門科などの専門医で診察を受け、症状が悪化する前に治すことが大切になってきます。