いぼ痔の原因について

いぼ痔になる原因は、いろいろあります。

 

<便秘やトイレの長い人>

 

便秘やトイレの長い人にいぼボ痔になる人が多いことから、排便する時に強く力みすぎたり、硬い便が肛門を通る時に肛門の粘膜を傷つけてしまう為、炎症が起きいぼ痔になる場合が多いようです。

 

<長時間、同じ姿勢をとる>

 

長い間、座ったままでいたり、立ったままでいるなど同じ姿勢を続けていると肛門がうっ血するようになるので痔核の原因になります。

 

長距離トラックドライバー、飛行機のパイロット、コンピュータのオペレータなどの職業の人にできやすくなります。

 

また、自転車、乗馬、ウエイトリフティング、トランペットの演奏などお腹に圧力のかかる運動や行動をすると肛門に負担がかかります。

 

<妊娠・出産>

 

妊娠してお腹が大きくなると子宮が周囲の血管を圧迫するので肛門の血管がうっ血します。

 

また、出産の際に強くいきこむことも痔を誘発します。

 

<香辛料・アルコールのとりすぎ>

 

香辛料の中で唐辛子はほとんど体内に吸収されずに便として排出されます。

 

そのために排便時に便の中に残っている唐辛子の成分が肛門を刺激し、炎症の原因になります。

 

アルコールは炎症を起こす物質でもあるのでアルコールを大量に飲むと下痢を起こしやすくなり、痔核を悪化させます。

 

 

ではここで、いぼ痔になる原因をまとめてみましょう。

 

 

 

◆排便する時いきみ過ぎること
◆同じ姿勢で長時間いること(座りっぱなし・立ちっぱなし)
◆便秘気味
◆過度のストレス
◆過度の肉体疲労
◆冷え症
◆お酒の飲みすぎ     ・・・・など。

 

 

 

このような生活態度が"うっ血”の原因をつくってしまい、うっ血から静脈瘤(じょうみゃくりゅう)と呼ばれる炎症に悪化し、いぼ痔になっていくのです。
ということは、いぼ痔は生活習慣病と言えるでしょう。
それならば普段の自分の生活を見直し、痔にならないような生活習慣を身につけることが大切ですね。

 

いぼ痔になる原因はいろいろあります。

 

@便秘やトイレが長い人
 便秘気味だったりトイレが長い人がいぼ痔になる人が多いんです。排便する時に強く力みすぎたり、かたい便が肛門を通る時に肛門の粘膜を傷つけて炎症を起こし、いぼ痔になる場合が多いようです。

 

A長時間、同じ姿勢をとる
 長時間、同じ姿勢でいると肛門がうっ血して、いぼ痔になる人もいるようです。
また、お酒の飲みすぎ・香辛料の食べ過ぎも、イボ痔の原因になることがあるので要注意。中でもトウガラシは、食べても大半が体内に吸収されず、そのため肛門を刺激し炎症の原因をつくります。
お酒がなぜいけなかというと、飲むと下痢になりやすくなるので、いぼ痔が悪化します。

 

 

 

それから女性は、妊娠や出産するときに、子宮が周囲の血管を圧迫することが原因で、イボ痔になる人がいるようです。
ではここで、いぼ痔になる原因をまとめてみましょう。

 

 

 

◆排便する時いきみ過ぎること
◆同じ姿勢で長時間いること(座りっぱなし・立ちっぱなし)
◆便秘気味
◆過度のストレス
◆過度の肉体疲労
◆冷え症
◆お酒の飲みすぎ     ・・・・など。

 

 

 

このような生活態度が"うっ血”の原因をつくってしまい、うっ血から静脈瘤(じょうみゃくりゅう)と呼ばれる炎症に悪化し、いぼ痔になっていくのです。
ということは、いぼ痔は生活習慣病と言えるでしょう。
それならば普段の自分の生活を見直し、痔にならないような生活習慣を身につけることが大切ですね。