切れ痔の原因について

切れ痔になる原因の一番は便秘です。

 

便秘になると便がかたくなり、そのかたい便を排便する時に肛門の外壁を傷つけてしまいます。

 

この悪循環が慢性化した切れ痔をつくり出すのです。

 

切れ痔になる原因の二番は下痢便です。

 

下痢便は肛門粘膜に浸透して炎症を起こし、粘膜を弱くして裂けやすくするので便が通る時にこすれるとすぐに切れて切れ痔になります。

 

切れ痔が慢性化する要因に排便のたびに感じる痛みが嫌で便意が起きてもトイレに行くのを我慢してしまうことがあります。

 

その結果便秘になり直腸にたまった便は水分をどんどん吸収するので時間がたてばたつほど便がかたくなります。

 

ようやくトイレに行ったときにはカチカチなった便が治りかけている切れ痔の切り口をこするのでさらに傷を深くしてしまうのです。

 

こうなると痛くて苦しい排便がますます怖くなりトイレが遠のいて便秘を繰り返すという悪循環が生まれるのです。

 

そして、そのことが一番の原因とも言われています。