あな痔(痔ろう)の原因について

あな痔(痔ろう)になる一番の原因は・・・・「下痢」と「免疫力低下」です。

 

あな痔(痔ろう)は肛門の歯状線にある肛門腺窩という小さなポケット状の穴に便がつまり、大腸菌などの細菌などの細菌に感染することによって起こる炎症です。

 

排便時に便が肛門腺窩にたまることがありますが肛門には細菌に対する強い免疫力があるので通常は炎症をおこすことはないらしいです。

 

ところが便秘になってトイレでりきんだり、下痢で大量の水ぽい便が勢いよく出ると便が肛門腺窩から肛門腺に押し込まれます。

 

その時、疲労やストレスが重なって肛門の免疫力が落ちていると細菌を防げず、炎症を起こして肛門腺が化膿することがあります。

 

肛門腺が化膿すると、うみが圧力の少ないお尻の皮膚の方へ向かって進んでいくために肛門の周囲の皮膚が赤くはれ上がって激痛が起こります(肛門周囲膿瘍)。

 

肛門周囲膿瘍になると肛門がはれてズキズキと痛みが出たり、熱が出ることがありますが、この段階で切開して膿を出せば症状はおさまります。

 

これをほうっておくと肛門腺窩→肛門腺→ろう管→皮膚に流れ出た口へと1本のトンネルができてしまいます。

 

また、あな痔(痔ろう)が女性より男性の方が多いのは、男性の方がよく飲酒をするので下痢になり易かったり、排便時に、肛門にあたる力が強いためだと言うことです。